さようならIE8。こんにちはEdge。

もうすぐですよ、みなさん。
アップデートの準備はお済ですか?
IE8のマイクロソフトによるサポートは、2016年1月12日に終了します。
まだなら、早めに対策を。

もはや化石のようなブラウザIE8は、機能改善もバグ修正もされることはなく、
最新技術を使う上でお荷物にしかならない存在と成り果てたのであります。
あなたの時代は完全に終了です。どうか安らかにお休みください。

では2015年9月時点でのIE8のシェアはというと。
日本国内全体でのシェアは2.04%まで減少し、ほとんど使われなくなっています。(StatCounter Global Statsより)
一方で日本国内の企業・団体では10%程度のシェアがあるという結果もあり、
日本の企業・団体では、ブラウザのアップデートが遅々として進んでいない現状が垣間見られます。
セキュリティ的にも機能的にみても、何も良いところがないものを使い続けるなんてホント馬鹿げてますよね。
だって今では、最新機能を備えたいくつものブラウザを選び放題なのにですよ。

しかし!いくらIE8大好きさんであっても、セキュリティアップデートが提供されなくなるとなれば話は別でしょう。
サポート切れのブラウザを使い続けるなんてリスク高すぎですから。
2016年1月までには、日本国内の企業・団体でのIE8シェアも当然低くなることでしょう。(ですよね?)
すでに役目を終えたIE8。できる限り早く眠りにつかせてあげましょうよ。
それがすべての人にとって利益になることですから。

そして先日リリースされたWindows10。これに搭載されることになった新たなブラウザはMicrosoft Edge。
以前のIEにあった多くの独自機能が取り除かれ、ChromeやFireFoxなどとの相互運用性を高めたブラウザです。
Edgeは、Windowsアップデートで常に最新の状態に更新されていきます。(まあ、これでやっと普通か。)
これで以前のIEように、いつまでも古いバグに対応するなどという作業をしなくて済みそうです。
ブラウザによる違いは無い方がメリットが多いハズ。
今後はブラウザによる差異の無い、幸せな時代が訪れることを願いたいのであります。

じゃ、ま~たね~。

コメントは受け付けていません。