2016年はVRゴーグルがくる~

各社がこぞってVRヘッドマウントディスプレイを開発しています。

主なところでは、

  • ソニー Morpheus
  • Oculus Rift
  • HTC Vive
  • サムスン Gear VR
  • マイクロソフトHoloLens

などなど。
いよいよVRゴーグルが熱くなる1年になること間違いナシ。

近年、SF映画で描かれてきた未来がどんどん具現化してきていますよね。
VRゴーグルもそんな技術のひとつになりつつあります。
映画トータルリコールとまではいかないですが、
家に居ながらにして、様々な疑似体験ができるようになる日も近いって感じ。
かなりSFチックでワクワクします。

この没入感、早く味わってみたいものです。
ユーザーが頭を動かせば、ユーザーの視点に合わせて360度どこを見ても自然に映像が追従。
だから、スクリーンを見るのとは全く違って、現実の世界を見ているのと同じ感覚を味わえるというわけです。
もちろんまだ足りないものもあります。
空気感や臭いなどは感じられないでしょう。
それでも視覚だけで十分にリアルな現実感ある体験が楽しめそうです。
実際、落ちそうになる場面のVRを試しているユーザーに対して、背中を押したら大パニックになってしまった。
なんて話もあるそうですから、その没入感は相当なものと思われます。
バーチャル世界から帰還できなくなる人が出てきそうで、少し怖いくらいかもしれませんね。

今、ゲームだけにとどまることなく様々な方面で活躍の場を広げています。

<旅行>
「旅行業界で進むVRを使ったプロモーション。ドバイの高級リゾートでも採用 」
「ハワイ旅行をVR(バーチャルリアリティ)で疑似体験! InstanTRIP(インスタントリップ)の販売開始」

<ウェディング>
「ヘッドマウントディスプレイで新婚旅行を疑似体験!」

<ニュース>
「報道に360度 仮想現実、米メディア続々導入」

<防災>
「広がる可能性 バーチャルリアリティー」

今後、さらにいろんな分野で伸びていくことでしょう。
どんなコンテンツが出てくるのか期待が膨らみます。
個人的にはMotoGPマシンに乗れるコンテンツが出来たら即買いなんですけど~。

じゃ、ま~たね~。

このイスどうっスか。

自分の精神力をあと100万年ほど鍛えたら購入してみたいと思ったイス。
その究極のPC作業環境として進化したイスがこちら。

『altwork』

PC作業を行う際、ずっと座りっぱなしは健康面でも作業効率の面でもよくないですね。
ある研究では1日に6時間以上座っていると死のリスクが40%増大するとか。
そこで考えられたのが『altwork』というイス。
座るもよし、立つもよし、そして寝て作業することだってできてしまう大変なスグレモノ。
これさえ使えば作業効率も健康もアップすること間違いなしなのであります。
コレはいい!すごくいい!!

と思ったのもつかの間、いやいやちょっと待てよ?
確かにすごく快適そうだ・・・いや快適だ・・・いやいや快適すぎるのではなかろうか。
これって使う人によっては怠惰な世界へまっしぐらになる気もしないでもないぞ。
作業効率が上がるように使用できるか、それとも堕落した道へ突入するか、どっちもありって感じ。
このイスは精神力を試すイスとなりうる。
自分のような、冬のコタツからは絶対抜け出せな~い、というタイプには残念ながら使う資格がな~い。

ということで、あなたはこのイス使う勇気ありますか。

じゃ、ま~たね~。

16の眼を持つカメラ

コンデジサイズなのに一眼レフ並みの高画質カメラ「Light L16」が発表された。
米国では2016年の夏頃に20万円程度の価格で出荷予定とのこと。

「Light L16」は、16個のカメラモジュールを搭載し、最大で5200万画素もの高画質を実現している。
正面からの見た目は16個のレンズがランダムに配置され、ちょっとグロテスクである。
その姿は、特撮ヒーローものに出てきそうな怪獣の顔に見えなくもない。
縦横のサイズ感はNexus6くらい、厚みは2倍ほどあるが、一眼レフを持ち歩くと思えば十分にコンパクトといえよう。
大きくて持ち運びに不便な1眼レフカメラはもう不要になるかも。

OSはAndroid。開発コンセプトは、スマホ並みのコンパクトさで、1眼レフに匹敵するクオリティをとのこと。
撮影のとき同時に動作するカメラモジュールは10個で、それら異なる焦点距離の画像を1枚の写真に合成する。
これにより、通常のカメラでは到底まねのできない、撮影後に被写体深度を変えられるという機能を実現している。
複数の焦点距離で撮影した元データが作成されるからこその離れ業だ。
それだけではなく、暗い状況にも強く夕暮れ時でもきれい、ってこれは今のカメラでもよくあるか。

ちなみに、昔々のカメラで上下にレンズが2つ並んだ二眼レフというカメラがあるが、
こちらは2つのレンズで撮影するわけではなく、撮影するレンズと映りを確認するためのレンズ(ファインダー用)が分かれているだけ。それに対し、1つのレンズで撮影と映りの確認を同時にできるようにしたカメラを一眼レフと呼ぶようになったのだそうな。

そんなすごい機能の「Light L16」ではあるが、買いかと言われるとどうなのかな。
被写界深度を後から変えられるというが、ボケ具合はセンサーサイズに大きく左右されるらしいので、
ボケ味がどの程度出せるか実際に撮影された写真を見てみないと何とも言えない。
一番の問題は値段だ。確かに高機能・高画質ではあるが20万円はおいそれと手が出せない。
それに、このグロテスクなデザインのカメラを取り出して撮影するには勇気いる。
カメラを向けられた人から笑顔が消えないかと心配だ・・・。
機能的なところで言うと、光学ズーム150mmというのもなんとなく微妙なラインだ。
(せめて250mmくらいあれば)

とは言うものの、さらに技術が進み低価格で薄型になれば、スマホなどに組み込まれていきそうな気配がする。
うまくいけば16眼とまではいかなくても、複数のカメラモジュールを搭載するのが今後のカメラの流れになりそうだ。
何はともあれ、さらなる進化に期待がふくらむカメラではあることに違いない。

じゃ、ま~たね~。

Windows10でbecky!のフォントが見づらい問題

<<追記>>

Becky!のVer.2.73以上から、ツリービューとリストビューのフォント変更が可能になったそうです。
「ツール」>「全般的な設定」>「一覧表示」タブの中、右下にあるプルダウンメニューから選択できます。

<<追記ここまで。>>


先日、自宅のパソコンをWindows10にアップデートしたときのこと。
ざっと使ってみたところいい感じで特に不具合も無いようで安心安心と思っていたら、
メインで使用しているメーラーのBecky!を立ち上げてびっくり。

ツリービューとリストビューがやけに見にくくなっているじゃありませんか。
とくに太文字の漢字が潰れてしまって、こっ、これはアカン。
しかしBecky!にはメール本文のフォントを変更する機能はあるものの、それ以外のところは変更することができない。
さすがにこの読みにくさのまま我慢して使い続けるのはストレスがかかる。何とかせねば。

で検索すると、どうやらWindows10から採用されたシステムフォント「游ゴシック」がよくないと判明。
このフォント結構多くの人が見づらいと思っているようで、
Windows10のシステムフォントを変更する方法なんてのがゴロゴロとヒットした。

だがシステムフォント自体を変更するのはちょっとなぁと思い、
Becky!のフォントのみを変更できないかと再度ググる。
で発見した下記のサイトを参考に、「Becky! 2 Powerful Customizer PlugIn」プラグインをインストール。

http://www.rimarts.com/b2board/b2board.cgi?tree=r49176
http://www.fujii-amino.com/archives/1085
・Tietewさんのサイト:http://www.tietew.jp/

このプラグイン2001年公開でその後更新はないようだが、インストールした人は大丈夫そうなのでGo!
Becky!のプラグインフォルダに放り込み、立ち上げると無事に「ツール>プラグイン設定」メニューに現れました。
プルダウンメニューから、ツリービューとリストビューのフォントをMeiro UIに変更。
以前の状態に戻ったのであります。いやぁよかった―。

Windows10でBecky!のフォントが読みづらくてお困りのときはお試しを。

 

じゃ、ま~たね~。